テストステロンの効果

本田圭佑のテストステロンの高さを発言・言動から考察する。メンタルの強さには科学的な理由があった。

2018年7月18日

先日行われた2018サッカーワールドカップにて、日本代表は躍進を遂げた。非常に素晴らしい活躍で、日本国民は文字通り元気をもらった。その中でも、一際目立つ存在がいるでしょう?メンタルの強い本田圭佑である。今回は本田圭佑をワールドクラスの選手にさせているテストステロンの凄さを語っていこう。

 

1.本田圭佑とは何者?

 

本田圭佑とは1986年6月13日生まれのサッカー選手である。

メキシコのリーガMXのパチューカ所属であり、日本代表にも3大会連続で選ばれている選手である。

プレースタイルの特徴は、そのフリーキックの制度の高さと強さ、ボールのキープ力などもあるが、決して才能がある選手ではない。

少年時代にはユース(クラブチーム付けでサッカー教育がなされるいわゆるエリートコース)に上がれなかった。落ちこぼれである。

 

それであるにも、ワールドクラスの実力を兼ね備えている。

ワールドカップでは得点数ランキングでは日本歴代1位である。

 

なぜか?

 

それは、ひとえに「メンタルの強さ」が彼をそうさせている。

そのメンタルの強さの土台となっているのは間違いない。

 

彼の言動、行動にはテストステロンの影響であると取れるものが多く見受けられるからである。

本田圭佑とはテストステロンの量が人並み外れたアスリートである。

2.本田圭佑の名言をテストステロンという視点から考察する

 

本田圭佑の自分の意思を主張できる力はまさにテストステロンの高さそのものである。

 

ACミラン所属時、フォワードをやりたいがボランチ(守備的ミッドフィルダー)で起用され続けたある日、監督の部屋を訪ねてこう言った。

 

「ボランチはやりたくないです。他のやつにボランチをさせてください。なんでかって?だってボランチはやりたくないんですから。」

 

サッカー選手は監督に起用されなければ試合に出ることはできません。

はっきりと主張すると、メンバーから外されるかもしれない。

 

その危険を顧みず(ある程度は監督が不快にならないような言い方をするなど、最低限の考慮をした上で主張をしていたはずだが)主張している。

 

並のテストステロン量では到底できない。

 

3.行動や佇まいからテストステロンを考察する

 

クラブチーム内や日本代表のチーム内での彼の振る舞いをご存知だろうか?

彼はそれらチーム内では、単独行動をよくしているのである。

ネット上でいじられていることも散見される。

 

それは、彼の意識の高さからきていると思われる。

トップをとる為に、一分一秒、最善の考え方と行動を選択したい!という意識の現れである。

 

その最善を選択する為には、仲間と慣れ親しんでいる場合ではないのである。

なぜなら、その仲間の中には「トップじゃなくてベスト8で良いやん!」と思っている選手もいるからである。人は必ず他の人から影響を受けるから。

 

実はテストステロンが高くなると、孤独願望が増加するという事実をご存知であろうか?

トップの人間及び、今後トップになる人間は、皆このような行動形式を持っている。

 

人と一緒にいなくても、自分への圧倒的自信と信頼感から、単独行動をしても何も感じないからである。

男とう生き物はは良くも悪くもテストステロンに支配されるしかない。

 

やはりトップ オブ トップを目指し、達成させるアスリートにはしっかり理由があるのである。テストステロンが常人よりも遥かに出ている為である。

本田圭佑の言動、行動からはそのテストステロンの作用が「トップを取れる、望みを叶えられる、モテる」ようにさせるということに関して非常に勉強になる。これはシリーズ化させ考察していくことで、今後もテストステロンの理解を深めて頂きたいと思う。

「モテない人生」に終わりを告げるサプリ

Mr.T

テストステロン専門家。元コミュ障非モテで人生絶望。女の子にモテなさすぎる。情報貪っていたら「モテにはテストステロンか!」と知り、効果ありさそうなことは実践しまくる。すると女性に困らなくなり経験人数は120人斬り。オナ禁最高は102日。サプリに使ったお金は120万弱。テストステロンの高め方の秘伝の全てを伝授。

毎日更新中!ツイッターで最新情報!

-テストステロンの効果

Copyright© テストステロンでモテる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.